FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支店スタッフに伝えたい事





先日あげたつもりだった記事が消えていた為、再度あげます。笑



そう、メダカについて。






調べてみました。笑






メダカが毎日沢山の卵を産卵しているのを目の当たりにすると、その卵をできるだけ多く孵化させて、沢山のメダカの稚魚を誕生させたいと感じるのは、普通の人の感覚であれば、極めて自然な感覚と言えるでしょう。

その際に、メダカの卵を親メダカがいる水槽から隔離して、メダカの卵専用の水槽を用意する事になるのですが、当然人為的に隔離したメダカの卵の水槽からは、無精卵でない限りは、その殆どの卵からメダカが孵化します。





無精卵の卵にはすぐにカビが生えるだけでなく、他の卵もダメにする。



メダカの卵を隔離してよく見てみると、しばらくすると白っぽく色が変わってくる卵があり、さらに時間が経過すると、その卵からは白いカビのようなものが沢山出ているのが確認できます。

この状態は、無精卵の卵が腐っていきカビが生えている状態ですから、もし、その腐っている卵に他の卵が隣接してくっついている場合は、急いでカビが生えている卵のみを隔離しないといけません。

メダカの卵というのは、基本的に産み付けた親メダカの体から外に出た時点で全ての卵が粘着上の物質でくっついている状態ですから、その中の卵の一つでも無精卵がある場合は、全ての卵がダメになってしまう場合があります。






無精卵と有精卵の卵の見分け方ですが、メダカが水槽内の水草などに産み付けた時点で、有精卵の卵には透明のコア、いわゆる気泡のようなものが確認できますので、それがない卵は無精卵の可能性が高いといえます。

メダカの稚魚をより多く誕生させたい場合は、無精卵の取り扱いには十分注意してください。

メダカの個体によっては、無精卵をより多く生む個体もありますから、その個体がうみつける卵は鶏の卵のように、中から雛が出てくることはありませんから、当然直ぐに腐ってしまうのです。






と、いうことらしいです。笑




野口、最近は完全にメダカおじさんになっております。笑




いつか皆様にメダカの稚魚を見せるのが目標です!




おたのしみに!!!
スポンサーサイト

非公開コメント

プロフィール

ばろもものぐお

Author:ばろもものぐお
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。